本文へ移動

楽しみながら力をつけられる

ステップアップに挑戦したくなる

学校ではかけ算も習っていない1年生がわり算に挑戦中!
練習や競技、行事などをとおして
生徒が楽しみながら次のレベルに挑戦したくなるよう
心がけています。

・かけざん九九番付
  九九があまり上手じゃない児童が増えました。
  大事な九九を完璧にしてもらいたいです。
・アバカスサーキット
  F1、F2の他に独自にF1.5やF3レベルの問題を
  用意して階段を緩やかにしています。
・そろばんトーナメント
  決勝まで突破できるか?!自分との戦いでいつもドキワクの挑戦です。
  教室でも実施することがありますが塾内大会もこの方式です。
・さまざまな検定
  そろばん検定や暗算検定はもちろんですが
  そろばん検定の階段差を小さくする準級制度や
  もはや暗算上達に欠かせない存在になったフラッシュ暗算も取り入れて
  「どこかに留まりっぱなし」という状況を作らない工夫をしています。

いずれも「次のステップに挑戦したくなる」仕組みや要素があり
生徒たちも「ヤバイ!次は○○だ~」「あがったー」と
難しくなるはずなのにどこか楽しみながら学んでいます。

一生役に立つ暗算力を身につけよう

そろばん式暗算に真摯に取り組みます

頭の中でそろばんを動かして暗算をする「そろばん式暗算」を習得しましょう。

正しく身につけた「そろばん式暗算」は、一生役に立つ武器になります。

適切な方法で練習した時間に比例して上達します。
学習開始の年齢や練習時間にもよりますが
小学校卒業までに段位まで進んでいただきたいと思い指導にあたります。


正しい練習の積み重ねで身につけた「そろばん式暗算」をフラッシュ暗算という形でご覧ください。
   ↓

フラッシュ暗算その1

三段(4秒間に3桁の数字を6回たし算します)

フラッシュ暗算その2

3級(5秒間に2桁の数字を6回たし算します)

フラッシュ暗算その3

4級(5秒間に2桁の数字を5回たし算します)

フラッシュ暗算その4

13級(10秒間に1桁の数字を10回たし算します)

指導どおり練習してくれると低学年でもできます
筆算式の暗算だと、この時点でも「あ、速いっ」と感じるかもしれませんね

フラッシュ暗算その5

15級(6秒間に1桁の数字を6回たし算します)

このまま正しい練習の継続で
上級生のお姉さんくらいできるようになっていきます
大会出場はレベルアップのチャンス!
株式会社T.E.C.
〒020-0833
岩手県盛岡市西見前15地割117番3
TEL.019-638-6309
FAX.019-656-6055
TOPへ戻る